アロン化成のエラストマーとは

コストダウンと環境保全を両立する、次世代のスタンダードマテリアル。

アロン化成の高機能熱可塑性エラストマーは、ゴムに近い弾性を持ちながら、汎用プラスチック並みの容易さで成形できる素材です。
用途に合わせて多くのシリーズから選択ができ、成形工程も短くて済むため、架橋ゴムに替わる素材として大きな期待を集めています。
リサイクルも可能なことから、コスト的なアドバンテージのみならず環境保全の視点からも注目の次世代成形材料…、それがアロン化成のエラストマーです。
アロン化成のエラストマーは、これらの特性を活かして自動車関連から電子材料、電器、食品・飲料、医療、玩具、雑貨などと非常に幅広い分野でご採用いただいております。

エラストマーはこんな成形材料

≪基本物性≫ ●架橋ゴムに近い、優れたゴム弾性を有しています。
●耐熱性、耐寒性、耐オゾン性、また流動特性に優れています。
●酸、アルカリなどの無機薬品に対する耐性が優れています。
●架橋ゴムに比べ、約30%軽量です。
≪材料特性≫ ●成形の際に架橋の必要がありません。
●加工性に優れ、再生可能でもあるため、コストダウンが可能です。
●ナチュラル色は、汎用プラスチック同様に着色ができます。
●汎用プラスチック用の射出成形機や押出機で成形できます。
ページの先頭へ戻る

成形工程比較

ページの先頭へ戻る

スチレン系熱可塑性エラストマーの構造

スチレン系熱可塑性エラストマーは、ポリスチレン部分(ハードセグメント)と柔らかい性質を与えるポリエチレン・ポリブチレンの部分(ソフトセグメント)をブロック状に共重合させた基本単位構造をもちます(図1)。これらは、SEBSと表されます。
ポリスチレンの末端ブロックとポリブタジエンまたはポリエチレン・ポリブチレンの中間ブロックは化学的に結合されていますが、室温では熱力学的に相溶しません。そのため、ポリスチレンの末端ブロックは互いに凝集して極微小粒子(ドメイン)を形成し、均一に分散します(図2)。このポリスチレンのドメインは、物理架橋点となり架橋ゴムの架橋点に相当する役割を果たしますので、SEBSは弾性体としての性質を示します。しかし、140〜230℃の射出または押出成形可能な温度になりますとポリスチレン部分もポリエチレン・ポリブチレンの部分も共に溶融され、熱可塑性樹脂としての流動特性を示します。
『エラストマーAR』は、これらSEBSをベースにコンパウンドしたものです。
図1 スチレン系熱可塑性エラストマーの基本単位構造
図2 スチレン系熱可塑性エラストマーの

ページの先頭へ戻る

各種熱可塑性エラストマーの特徴

(注)◎:非常に優れている  ○:優れているまたは、一般的な条件で使用できる
△:やや劣るまたは、条件付きで使用できる  ×:劣っているまたは、ほとんど使用できない
ページの先頭へ戻る