アロンマス 総合カタログ15
133/560

119外側の球面構造は、15度の自在角度を持ち、水密性を確保します。内側の2つの球面構造は、それぞれ7.5度の自在角度を持っています。継手を曲げると、その動きにスムーズに追従して継手全体の曲げ角度1/2の角度になります。リブ付管リブ付管受口マンホール本体回転用突起部〈下流側差口〉A目盛り〈上流側〉ゴム輪受口手作業で大まかな方向に向ける手作業で大まかな方向に向ける仮合わせによる正確な方向出しが必要内面への突出し内面への突出し内面への突出し汚水だまり汚水だまり汚水だまり※参考:球面自在継手    〈当社塩ビマンホール用〉手作業での微調整ができるので芯が出しやすい既に方向を決めているので芯が出しやすい※参考:球面自在継手    〈当社塩ビマンホール用〉リブ付管用直管状態はもちろん、15度振ったときも汚水溜まりはほとんどなく、汚物の堆積による管路機能の低下を防止します。だから角度合わせ不要こう配角度調整時〈15°〉平面角度調整時〈15°〉こう配角度調整時〈15°〉平面角度調整時〈15°〉継手を0°に戻してマンホール本体に挿入挿入後、継手を方向出しした角度に戻す管路断面の局部的縮小がほとんどありませんので、各種点検、維持管理機器の使用の妨げになることがありません。だから継手の接合不要99%99%角度合わせV型自在継手(参考)方向調整継手の接合管の接合外側球面構造内側に2つの球面構造内面が平滑直管接合部と同等の「内面平滑性」管路機能の低下を防止できます球面自在継手と同等の「施工性」管断面が縮小しない維持管理も問題ありません15°15°は、新発想の二重球面構造でを実現しました。+施工比較

元のページ  ../index.html#133

このブックを見る