アロンマス 総合カタログ15
181/560

167流入枝管部が無く、より省スペース配管ができます。接続が簡単、確実マス高さ調整用アジャスター(AJ)調整管接合部には流入管は接続できません。ホールソー受口内および排水管(VU100)の接着面に接着剤を塗布して接着接合します。(排水管こう配:2/100)なめらかな曲線形状排水設備管およびホールソー受口を仮合わせし、穿孔位置を正確に求めてください。立管部の側面に記入してある流入管最下位置より上に穿孔してください。ホールソー受口を使用する場合は、必ずφ130mmの専用ホールソー(ロング)を使用して、立管の中心に向かって穿孔してください。本体上部の爪を穴の中に入れます。そして本体上部の凹部を支点にして、本体を穴の中へ入れます。本体下部の爪をインバートに引っ掛けた状態で、スペーサーをインバート方向にスライドさせてナットを締めます。スペーサーを袋ナットで締めつけ固定します。フックスパナを使用して十分に締め付けてください。ポイント立管上部を延長する場合は、 マス高さ調整用アジャスター(AJ)を使用してください。 又は差込み調整管(SAJ)を使用してください。180°流入穿孔径φ130MK150P(透明サンプル)90°合流底板2/100ゆるめて‥!はめて‥!締める。立管接続が不要、施工も簡単・確実マス天端を水平に、立上り部を垂直になるように据付接合すると、所定の管路こう配で配管できます。1234球面形状でスムースな流下性能排水設備管(VU100)との接続維持管理性を高める立管延長が容易

元のページ  ../index.html#181

このブックを見る