アロンマス 総合カタログ15
367/560

強化プラスチック複合管用支管ヒューム管・陶管用ボックスカルバート用支管本管・取付管用継手・支管キャップ下水道用異種管継手・キャップリブ付管用曲管・継手マンホール継手本管用曲管副管用継手枝付本管塩化ビニル管用支管曲管リブ付管用支管353種類1kgコード5 299250 -■■■■■=■■■■■■■■■=■価格3,600梱包12陶管下水道用継手寸法単位:mmANボンド ANボンド取付1箇所当りの塗布量(参考)150100管種125塩化ビニル管100170−ヒューム管−−125100−−200170170170単位:g/箇所350335−−250170250250300250−−400335−−ノガワケミカル(株)製マンホール削孔部および取付管の取付位置付近を清掃します。(塗布面を乾いた状態にしてください。)塗布範囲に印を付け、刷毛・ブラシ等でムラ無くANボンドを塗布します。ゴムハンマー等で接着部を内側から外側方向へ全面を叩いて圧着します。特に取付管下側と外周端部は、叩きもれが無いよう注意してください。サイズ保護フィルムを付けたままで、ホースバンドとANジョイント本体を取付管に通します。取付管とANジョイントの接合位置を決定し、ホースバンドを仮締めします。取付管に土等の付着が無いことを確認して、ホースバンドを取付溝に締め付けて固定します。(ボックスドライバーサイズ:8mm)ANボンドの適度な乾燥度(粘着はあるが指に付かない状態が目安、塗布後5〜10分位)を確認して、ANジョイントをマンホールに押し当てながら、保護フィルムを剥がして貼り付けます。(保護フィルムは、分割された中央から剥がし始めるようにしてください。)マンホール内側から削孔部の取付管との隙間に、モルタル仕上げしろを残してANジョイント充填材を挿入した後、目地モルタルを充填して仕上げてください。124536●ANジョイントの施工手順●

元のページ  ../index.html#367

このブックを見る