アロンマス 総合カタログ15
419/560

強化プラスチック複合管用支管ヒューム管・陶管用ボックスカルバート用支管本管・取付管用継手・支管キャップ下水道用異種管継手・キャップリブ付管用曲管・継手マンホール継手本管用曲管副管用継手枝付本管塩化ビニル管用支管曲管リブ付管用支管11せん孔シールリングの取付け支管の取付け取付管の接合405■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■下水道用継手取付管管径ホールソーの外径100150ø120ø170残りの充填材をシールリングの支管本体の当り面のリブに沿って塗布してください。❷矢印方向(時計回り)に1回転させ、ハンドルが管軸と垂直になるまで締め込んでください。適用せん孔径ø117〜ø122ø168〜ø172寸法単位:mmシールリングを仮置きして、合いマーク位置部(4箇所)にマジックで印を入れ、下図のように管軸方向と周方向に結びます。充填材をシールリングのパイプ当り面のリブに沿って塗布してください。支管本体を固定ツメ側から斜めに傾けて、せん孔内にセットします。このとき、位置決めのマーキング、支管本体のセンターライン及びシールリングのセンターラインが重なっているかを確認してください。受口タイプ別の手順に従って、取付管を接合してください。RP-QE-R(ゴム輪受口タイプ)RP-QE-F(自在受口タイプ)取付管を面取り・滑剤を塗布し、取付管を挿入します。取付管径に合ったホールソーを用いて1の交点をセンターとしてせん孔します。せん孔に伴い生じた内外周のばりは、ヤスリなどで滑らかに仕上げてください。マーキングセンターラインシールリングがせん孔部にかかっていないことをご確認ください。接合部をウエスできれいに拭いた後、仮置時にマーキングしたポイントに沿って取り付けてください。❶ハンドルを起こします。ハンドルを起こし、時計回りに回転させてください。回転方向シールが一回転して元の位置に戻ってきたら完了です。せん孔位置RP-QE-K(可とう受口タイプ)取付管を差込み、ステンレスバンドを十分に締め付けてください。締付トルクは約4〜7kN・m程度です。(ボックスドライバーサイズ:8mm)取付管の面取り、滑剤は不要です。※充填材は容量の半分を目安に塗布してください。可動ツメ❶固定ツメ❶固定ツメ側からセットします。❷可動ツメをセットします。一回転後“合いマーク”の範囲内に収まっていることを確認してください。締め付け力が不足すると、浸入水の原因となります。スカートの凹み(=固定ツメ側)回転回転バンドを締め付ける回転方向シール12345❶❷68❷7ポイントポイント軽く揺すって、かたよりが無くセットされていることを確認してください。●リブ付管用 回転固定式支管の施工手順●■■

元のページ  ../index.html#419

このブックを見る