アロンマス 総合カタログ15
451/560

TS・HITS継手透明HITS継手MCユニオン 437■■■■■■水道用継手上水道、簡易水道、伸縮継手、新設・補修用としてご使用ください。〔取扱い方〕 ●接続部の汚れ、土砂など拭取ってから接続して下さい。 ●パイプを裁断して挿入する時はパイプの面取りをしてから挿入して下さい。 ●ナットを外して施工する時は、ゴムリングの前後を間違えて装着しないで下さい。長時間直射日光が当たると材質の劣化が進行し、耐衝撃性等の性能、強度が低下しますので屋内保管で高熱のない場所に保管して下さい。また、長期間保管されたものを使用するときは、ゴムリングに亀裂などの異常がないことを確認して下さい。地上配管、空中配管など、地下埋没配管以外では使用しないで下さい。また、曲がり配管に使用される場合はスラスト防護の処置を行って下さい。製品をバーナーの火や焚き火、照明ランプ等の熱源に近づけないで下さい。軟化変形する場合があります。温泉水等50度以上の温水を通水するところでは使用しないで下さい。運搬や取り扱いの際には、衝撃を与えたり、落下させたり、キズをつけたりしないで下さい。強度の低下や漏水の原因になる場合があります。エーテル、ケトン、フェノール類、炭化水素などの有機溶剤には膨潤や亀裂を起こしますので付着させないで下さい。また、クレソート等の防腐剤、白アリ駆除剤などを多く含んだ土壌は塩ビ製品を侵す恐れがありますので、充分注意して下さい。 ●管の管軸に対し、直角に切断後、切断面のバリやカエリを取り除いて下さい。 ●汚れ、土砂、切削油等の油分を充分拭き取ってから管の挿入を行って下さい。 ●管の斜め挿入はクリープ応力が大きく発生する恐れがありますので、真っすぐ配管して下さい。 ●ネジ部等部品間に異物がかみこんだ場合、接合不良になる恐れがありますのでご注意下さい。万一異物がかみこんだ際には、無理にナットを締め付けず、一旦ナットを緩め、異物を除去した後再度ナットを締め付けて下さい。 ●ナットを緩め、管を挿入して再び充分手でナットを締めた後、パイプレンチ等で締め付けて下さい。 本品はプラスチック製品ですので必要以上に締め付けないで下さい。ネジ山の破損原因となり水漏れの発生原因となります。 ●MCスーパーユニオンでナットを外して施工する時は、ゴムリングの方向を間違えて装着しないで下さい。カタログ中のイラストを参照下さい。 ●MCユニオンに直接二次加工を施さないで下さい。 ●接合後は管路の水圧試験を行い、異常のないことを確認して下さい。 既設管に接合される場合は管径のやせにご注意下さい。 ●伸縮継手として使用される場合、温度差による伸縮しろを考慮して管の挿入を行って下さい。幅広い用途保管地下埋没配管継手としてご使用して下さい。火気厳禁温水厳禁施工、運搬、取り扱い耐薬品性施工時の注意特長 ●ナットの締付けにより、テーパーリングとテーパー型のゴムリングが狭圧され、ゴムリングがパイプを抱き締めます。テーパーであるため保持力が非常に強力となり、水撃(ウォーターハンマ)等、異常水圧で抜け出すようなことはありません。しかも管の伸縮を吸収するためパイプラインを破壊から守ります。 ●加熱道具や接着剤は一切不要です。 ●通水したまま(小口径)または水中での施工も可能。 ●ナットを外さずにパイプの挿入が容易に出来ます。 ●軽量で耐食性に優れています。使用上の注意

元のページ  ../index.html#451

このブックを見る