アロンマス 総合カタログ15
519/560

さ長効有の管立用専)し戻埋に毎mc03(土戻埋礎基砂Lℓ505■■■■参考資料専用立管AHB 300AHRインバート専用立管AHB 300AHRインバート防護ふた約150mm約 50mmふた内ふた(IT-R300)立管接合埋戻し防護ふた・ふたの設置①専用立管の管端を必要長さに切断、面取りをします。②インバート差口と専用立管のゴム輪受口に滑剤を塗布し、受口ストッパーまで差し込み接合します。③専用立管は原則として垂直に立ち上げます。(水準器などで確認します。)④立管の上部にあらかじめ内ふたを取付けておきます。●内ふたのゴム輪に滑剤を塗布し専用立管も内径に挿入します。①管頂10cm以上になるまで砂で埋め戻します。●インバートが移動しないよう注意し左右均等に締め固め、仮固定した杭などは工程に合わせて順②埋め戻しは良質な材料を用いて行います。●特に現場発生土を用いる場合には、石、ガレキ、木片などの固形物を一緒に埋め込まないよう注意①防護ふたの基礎は粒調砕石など締め固めやすい良質な材料を用い十分締め固めます。(10〜20cm)②沈下防止板の据付面は地表面のこう配に合わせて所定の高さ、こう配に仕上げます。③沈下防止板及び防護ふたを専用立管と同芯になるよう据付けます。 沈下防止板及び防護ふたがずれないよう注意し周囲を均等に埋め戻します。④防護ふた・ふたの周囲は特に入念に転圧してください。⑤防護ふた・ふたは地表面の傾斜に合わせて設置できます。●防護ふた(〜15°)・ふた(〜5°)⑥ふたで高さ調整・傾斜調整した場合は必ずコンクリート防護などで固定してください。次取り除いてください。してください。●専用立管の必要有効長は、地表面からインバート天端までの距離(L)−ふたまたは防護ふたの厚み(ℓ)となります。マンホールの計画設置深さから、あらかじめ長さの専用立管を用意してください。●専用立管が傾かないようチェックしながら、30cm程度毎何層かに分けて左右均等に十分締め固めます。

元のページ  ../index.html#519

このブックを見る