アロンマス 総合カタログ15
559/560

456インバートや蓋などの塩ビ製品を高い所から落したり、投げたりしないでください。配管時に、つるはしや鋭利な刃物などで傷をつけないでください。また、製品を改造、解体して使用しないでください。火気の近くで施工したり、保管しないでください。気温の低い時期の施工には、ご注意ください。インバートや蓋などの塩ビ製品を、屋外で 保管する時には、直射日光を避けるため、熱気のこもらない方法で、シート掛けなどを行ってください。また、車内など、高温になるおそれのある場所での保管は避けてください。材質に悪影響を与える有機化合物(アセトン・シンナー・クレオソート・殺虫剤・白アリ駆除剤など)をインバートや蓋などの塩ビ製品に吹きつけたり、塗ったりしないでください。また、浅く埋設されている場合、これらの化合物を地面にこぼすと地中に浸透して、インバートや蓋などの塩ビ製品が侵されることがありますので、充分注意してください。接着剤を使用する場合は、必ず清掃した管と継手の接合部の両面に薄く均一に塗布し、塗布後は速やかに接合してください。接合は規定の時間挿入力を保持し、接合後は、はみ出した接着剤をふき取ってください。冬季の施工では、管内に充満する接着剤の溶媒蒸気を追い出すため、換気を行ってください。塩ビ製品のお取扱いについて 1 2 3 7

元のページ  ../index.html#559

このブックを見る