1. HOME >
  2. 採用情報 >
  3. 新入社員を追う! 名古屋工場 パイプ製造課 末松慧太

将来の目標を明確に持ち、しっかりと経験を積んでいきたい

末松 慧太KEITA SUEMATSU
名古屋工場 パイプ製造課 2016年入社(2年目)

入社2年目の末松さんは、パイプ製造課の一員として製造設備と向き合いながら、効率の良い作業や改善に勤しんでいます。アロン化成との出会い、入社したきっかけから、夢として掲げる開発部門で活躍するためのキャリアプランについて紹介します。

大学で学んだ材料工学が活かせる企業へ

01
大学で学んだ材料工学が
活かせる企業へ
大学で材料工学を専攻し、製品製作や素材の製作に携わる企業に就職したいと考えいたことから、志望する企業は可能な限り絞り、気になる企業を検討しました。その中で興味を持ったのが、樹脂製品を製造していたアロン化成。会社説明会に参加し、成形業務(ものづくり)に魅力を感じたことで、さらに企業研究を重ね、採用試験に臨みました。

実際に触れて気づいた会社の社風

02実際に触れて気づいた会社の社風
迎えた面接では、開発職への熱い思いを伝えました。「いつの日か、私のアイデアが採用された製品や素材が見てみたい」と語ったのを覚えています。また、最終面接の際に、本社の和やかな雰囲気にも魅力を感じました。そして待ちに待った採用通知が届いた時は、すぐに「お世話になります!」と返答しました。

充実した新入社員研修で感じた思い

03
充実した新入社員研修で
感じた思い
新入社員研修が始まり、同期に出会いました。それぞれが希望する業種は違っても、同期といるのは安心ができましたし、仲間意識が強くなりました。研修では、工場での作業やビジネスマナーなど、全ての業務に携わることができたという実感があります。工場で実際の作業を経験した事により「アロン化成の一員になった」という実感が湧いてきました。しかし、その研修が今となっては物足りなく感じてきました。なぜなら、研修では工場の作業において、細かい部分まで覚えることができなかったからです。今でも少し苦労することがあるので、今度研修を受ける後輩へ意識して、研修を受けるように伝えていきたいと思っています。

研修期間で感じた自分の未熟さ

04
研修期間で感じた
自分の未熟さ
就職活動している時から開発を希望していましたが、研修期間中に足りないスキルが見え、製造課の業務を学びたいと考え、製造課への配属を希望するようになりました。そして、およそ2ヶ月の研修終了後、私は名古屋工場のパイプ製造課に配属されました。私のモノづくりの現場から踏み出した社会人としての大きな一歩。作業をしながら製造工程やパイプの種類や特徴など、覚える事が多くて大変でしたが、根気強く作業をこなす内に次第に覚えていきました。

パイプ製造業務の重要性

05
パイプ製造業務の重要性
パイプは生産が自動化されているので、人の手をほとんどかかけずに製造できる点が特徴。しかし、自動で生産される状態まで生産ラインを整備する必要があります。その時の調整によって製品の品質に大きく左右されるため、最初の設備の調整に重要性を感じました。現場の先輩や上司に教わりながら、自分で設備を立ち上げた時の達成感はいまでも覚えています。

現場の作業を経て、変わった意識

06現場の作業を経て、変わった意識
パイプは生産が自動化されているので、人の手をほとんどかかけずに製造できる点が特徴。しかし、自動で生産される状態まで生産ラインを整備する必要があります。その時の調整によって製品の品質に大きく左右されるため、最初の設備の調整に重要性を感じました。現場の先輩や上司に教わりながら、自分で設備を立ち上げた時の達成感はいまでも覚えています。

現場作業をマスターし、いずれは開発へ

05
現場作業をマスターし、
いずれは開発へ
工場での現場作業を担当して2年目になりますが、未だに覚えることはたくさん。当面は押出成形をはじめ、様々な知識を蓄える事を目標にしています。新たな設備が入ってくる事も決まっているので、まずはそこを不備なく進めたいです。そして製造部門で学んだ経験を最大限に生かし、量産技術などの設備面の開発から、新規製品、素材の開発など会社にとって“なくてはならない”開発者になりたいと考えています。

末松慧太

Message

就職活動中の方への
メッセージ。
自分が希望する企業に就くためには、企業を調べる時間を長く設けることを意識した方が良いです。そうすれば、面接などでアピールする事が増えたり、熱意を伝えることができます。企業側も熱意がある人に入ってもらいたいと考えているので、「ありのままの気持ち」をぶつけることが大切です。今が苦しくても、“夢が叶ったときに待っている未来は明るい”はずなので、頑張ってください。
  • 名古屋支店 管材グループ 田畑 佑一 / 2016年入社(2年目)
    名古屋支店 管材グループ
    田畑 佑一 / 2016年入社(2年目)
  • 名古屋工場 パイプ製造課 末松慧太 / 2016年入社(2年目)
    名古屋工場 パイプ製造課
    末松 慧太 / 2016年入社(2年目)
  • エントリー(新卒採用)エントリー(新卒採用)
  • エントリー(キャリア採用)エントリー(キャリア採用)